撮影方法(お水取り2)
お水取り(修二会)

 東大寺二月堂のお水取り(修二会)は、
 奈良に春を告げる行事と呼ばれ
 親しまれています。

 お水取りのおたいまつは、毎年
 3月1日〜14日まで行われます。





東大寺・駐車場より

平成17年3月11日撮影


東大寺・駐車場より
平成16年3月13日撮影



     撮影に必要な機材及び材料

*カメラ(バルブ、タイム露光が出来る物、多重露光が出来れば尚良い)

*レンズ(35mm換算で120mm位 上左の写真)

*フィルム(ISO50〜100が使い良い)

*レリーズ

*レンズ受け(焦点距離の長いレンズを使用するのでブレるのを防ぐ為)

*三脚(一枚のフィルムに何度も露光をかけるので出来るだけしっかりした物)

*黒い布(レンズの前を隠す物、光が通らなければ別に布以外でも良い)

*テープ(ズームレンズは、ズームが動く事があるのでテープで固定します。)
     (ピントも同様に固定します。)

*黒い紙・はさみ及びカッターナイフ等(露光のかかりすぎる部分を隠す為)
        (必ず撮影する絞りに絞り込んで紙の切る部分を確認します。)

*フィルター枠等(切った黒い紙を保持する為)






東大寺の駐車場後方から、撮影の為
準備をしている風景です。

但し、12日(籠松明)はこの場所では
撮影できません。(平成17年現在)



     撮影の仕方

3月1日〜14日の間は撮影できます。
但し、12日(籠松明)はこの場所では
撮影できません。(平成17年現在)

  (フィルム感度ISO50〜100)


1. 第一露光(前露光)をかける。空が
  薄暗くなったときに空部分を測光して
  少しアンダーめに露光をかけます。

2. 空に露光がかからなくなる頃、下の
  土塀の露光をかける。

3. 空に露光がかからなくなる頃、下の
  土塀部分を隠し梅にライトを当てて
  露光をかけます。
     (絞りF13〜19)

4. 松明が順番に1本づつ上がってきて、
  左から右に走るのを3〜4本入れ
  ます。全部で10本松明が出ますが
  あまり多く入れすぎるとオーバーに
  なります。
     (絞りF13〜19)